産経ニュース

シャープが太陽光で携帯を充電するスタンド発売 自治体に270万円で販売

ニュース 経済

記事詳細

更新


シャープが太陽光で携帯を充電するスタンド発売 自治体に270万円で販売

街中で携帯電話やスマートフォンを充電できる、シャープの「ソーラー充電スタンド」のイメージ 街中で携帯電話やスマートフォンを充電できる、シャープの「ソーラー充電スタンド」のイメージ

 シャープは27日、太陽光を使って街中で携帯電話やスマートフォンを充電できる「ソーラー充電スタンド」を8月25日に発売すると発表した。東京都と組んで先行導入した製品が好評だったことを受け、全国の自治体などに売り込む。業績が低迷する太陽光事業の立て直しに貢献するか注目される。

 受注生産とし、希望小売価格は設置費別で270万円。高さ約4メートルの最上部に設けた太陽光パネルで発電し、同時に4台を充電できる。晴天時に電気を蓄えるため、夜間や雨の日でも利用可能という。

 東京では昨秋、港区の東京タワーや虎ノ門ヒルズに設置した。シャープは、外国人観光客の需要が見込める観光地や大型商業施設にPRしていく。

 不振の太陽光事業は売却も検討されたが、シャープを買収する台湾の鴻海精密工業は事業を継続する方針を示している。

 製品の問い合わせはお客様相談センター、フリーダイヤル(0120)484649。

▼“親会社”鴻海のテリー会長、シャープ酷評「悪い卵しか産まぬ鳥はいらん!カットすべき人は首切る」

「ニュース」のランキング