産経ニュース

日立、働く人の「幸福感」高めるAIを開発 社内での会話や行動をアドバイス

ニュース 経済

記事詳細

更新


日立、働く人の「幸福感」高めるAIを開発 社内での会話や行動をアドバイス

日立製作所が開発した人工知能(AI)は、首にかけた名札型ウエアラブルセンサーを通じて、社員の「幸福感」を測定し、適切なアドバイスを行う(日立製作所提供) 日立製作所が開発した人工知能(AI)は、首にかけた名札型ウエアラブルセンサーを通じて、社員の「幸福感」を測定し、適切なアドバイスを行う(日立製作所提供)

 日立製作所は27日、働く社員の「幸福感」を高める人工知能(AI)を開発したと発表した。名札型ウエアラブルセンサーを通じて各社員の行動データを取得し、AIがスマートフォンに職場でのコミュニケーションや時間の使い方などをアドバイスをしてくれる。

 日立はグループ内の営業部門約600人を対象に実証実験を開始しており、課題を改善し、早ければ、今年度内の実用化を目指す。

 「上司と会うには午前中がおすすめです」。「Aさんと5分以下の短い会話を増やしましょう」

 日立が開発したAIは、組織の円滑なコミュニケーションを促進し、各社員の幸福感を高める。

 名札型ウエアラブル端末に搭載したセンサーが各社員の体の特徴的な動きを測定。このデータから幸福感を推定し、AIがさまざまなアドバイスを行う。

 日立は昨年、組織の活性化や幸福感を高めるAIを開発した。すでに三菱東京UFJ銀行、日本航空など13社から受注している。個人の幸福感を高めるAI開発は今回が初めて。各社員の個人データやアドバイスはプライバシーに配慮し、本人以外は閲覧できない仕組みとなっている。

「ニュース」のランキング