産経ニュース

円急騰、104円台半ば 1年9カ月ぶり 日銀決定会合の緩和策据え置きで

ニュース 経済

記事詳細

更新


円急騰、104円台半ば 1年9カ月ぶり 日銀決定会合の緩和策据え置きで

 16日午前の東京外国為替市場で円相場が一時、1ドル=104円台半ばへと急騰した。2014年9月以来、約1年9カ月ぶりの円高ドル安水準。

 日銀の金融政策決定会合が終わり、金融緩和策や景気判断の据え置きが決まった。これで円を買う動きが一時的に進んだことによる。

 円相場は朝方は105円台後半だったが、午前11時半すぎから急騰。104円台に突入した。11時48分現在は、1ドル=104円55銭。

「ニュース」のランキング