産経ニュース

インドネシア人看護師候補ら265人、訪日へ 母国で壮行会

ニュース 経済

記事詳細

更新


インドネシア人看護師候補ら265人、訪日へ 母国で壮行会

 日本とインドネシアの経済連携協定(EPA)に基づいて訪日するインドネシア人看護師・介護福祉士の候補者265人の壮行会が14日、ジャカルタの日本大使館で開かれた。14日夜から15日にかけて順次出発する。

 訪日するのは看護師の候補33人と、介護福祉士の候補232人。候補者らは昨年11月からインドネシア国内で6カ月間の日本語研修を受けた。訪日後、さらに6カ月間の研修を受け、12月からそれぞれの受け入れ施設で働き始める。

 インドネシアからは2008年以降、候補者を毎年送り出しているが、日本の看護師・介護福祉士国家試験の合格率は低く、漢字などの日本語習得が課題となっている。(共同)

「ニュース」のランキング