産経ニュース

国内初、ドローンでレーザー測量 鹿島が大分のダム工事で実施

ニュース 経済

記事詳細

更新


国内初、ドローンでレーザー測量 鹿島が大分のダム工事で実施

大分川ダム建設工事でのドローンを使ったレーザー測量の様子(鹿島提供) 大分川ダム建設工事でのドローンを使ったレーザー測量の様子(鹿島提供)

 鹿島は13日、大分川ダム(大分市)の建設工事で、国内で初めて小型無人飛行機(ドローン)による3次元レーザー測量を導入したと発表した。従来の写真測量よりも8分の1程度の時間で高精度の測量が可能になる。また、地表に基準点を設置する必要がないため、急斜面などの測量も容易になる。

 今回は、広さ約20ヘクタールの測量を飛行時間13分で完了した。透過性の高いレーザーを照射するため、樹木が茂った地表面の測量にも強く、測量点の9割が誤差4・5センチ以内に収まった。

 ただ、本格導入には「コスト低減が課題」(鹿島広報)といい、当面は写真測量と使い分けていく。

 国土交通省は、今年度から国発注の大規模公共土木工事でドローン測量や自動建機などの導入を義務化した。建設業界の生産性向上を加速させる考えだ。

このニュースの写真

  • 国内初、ドローンでレーザー測量 鹿島が大分のダム工事で実施

「ニュース」のランキング