産経ニュース

ユニクロ秋冬物300~1000円値下げ 値上げは「失敗」 低価格へ回帰

ニュース 経済

記事詳細

更新


ユニクロ秋冬物300~1000円値下げ 値上げは「失敗」 低価格へ回帰

会見で今後の戦略などを説明するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長=25日、東京都渋谷区(永田岳彦撮影) 会見で今後の戦略などを説明するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長=25日、東京都渋谷区(永田岳彦撮影)

 カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は25日、「付加価値のある商品を低価格で売る」と述べ、価格戦略を見直し、平成26年以降の値上げで進んだ客離れに歯止めをかける考えを示した。都内で記者団に答えた。今年の秋冬物の一部を昨年から300~1000円程度値下げするとみられ、低価格の原点回帰で客足を呼び戻したい考えだ。

 「失敗すればするほど成長する」。同日、秋冬物の展示会に併せて開かれた記者会見で、柳井会長はこう強調してみせた。

 ユニクロは円安や原材料価格の高騰などを背景に、26年秋冬物で平均5%、27年も一部で10%値上げした。ところが値上げと歩調を合わせるように客数が減少。27年6~12月に7カ月連続で前年実績を下回った。

 客離れを受けファーストリテイリングは今年4月、28年8月期の最終利益予想を従来比で500億円も下方修正し、前期比45%減の600億円とした。柳井会長は業績不振の原因を「景気や天候ではなく、(価格など)内部的な要因だ」と述べ、戦略ミスを認めた。

「ニュース」のランキング