産経ニュース

三菱商事が秋田で国内最大級の風力発電事業 風車22基で6・6万キロワットに

ニュース 経済

記事詳細

更新


三菱商事が秋田で国内最大級の風力発電事業 風車22基で6・6万キロワットに

 三菱商事は20日、秋田県内で地元企業などと組んで国内最大級の風力発電事業に乗り出すと発表した。潟上市と秋田市の海岸に、3000キロワット風車を22基建設。出力は6万6000キロワットで総事業費は200億円超の見込み。2019年前半に固定価格買取り制度を使って東北電力へ売電する。三菱商事が国内で風力発電の商業事業に乗り出すのは初めて。

 三菱商事は秋田の風力発電事業会社ウェンティ・ジャパン(秋田市)、中部電力子会社シーテック(名古屋市)と共同で「秋田潟上ウインドファーム合同会社」を設立。資本金の額は未公表だが、出資比率はウェンティが51.0%、三菱商事が子会社を通じて43.9%、シーテックが5.1%を出資する。建設地は秋田、潟上両市にまたがる日本海側の県有保安林。

 三菱商事はオランダやポルトガルの洋上風力に参画するほか、国内でも福島沖の浮体式洋上風力の実証試験への参画に加え新潟県の岩船港沖の洋上風力の実用化を探り、再生可能エネルギーの中でも風力を強化する。

「ニュース」のランキング