産経ニュース

海洋冒険家、白石康次郎が単独無寄港で地球一周。世界一過酷なヨットレースに参戦表明

ニュース 経済

記事詳細

更新


海洋冒険家、白石康次郎が単独無寄港で地球一周。世界一過酷なヨットレースに参戦表明

 日本を代表する海洋冒険家、白石康次郎さんが今年11月にフランスからスタートするヨットの単独無寄港無補給世界一周レース「ヴァンデ・グローブ」(11月6日、フランス・ヴァンデ県・レ・サーブル=ドロンヌ港を出航)への参戦を表明した。今大会へはアジアから初参戦。前回2006年には単独世界一周ヨットレース「5OCEANS」クラス1に日本人で初挑戦し、総合2位の好成績をおさめた。来年50歳を目前にひかえ、自身8年ぶりのヨットレースへの出場となる。

---前回2006年には単独世界一周ヨットレース「5OCEANS」クラス1に日本人で初挑戦し、総合2位の快挙。8年ぶりとなる世界一苛酷といわれる今回のレースの醍醐味は?

 「よく考えたら一人という最小単位でこのでかい地球を相手にする壮大なスポーツは他にありません。普通プロスポーツの競技時間は2時間ぐらいですが、このレースは2000時間。出港したら寝ている時も食事の時もトイレの時もレースです。海の上ではいきなり鯨が激突してきたり、台風に襲われたり不確定要素が多い競技だから本当に何が起こるかわからない。地球と一人の人間がどう関わりあうのか。それがこのヨットレースの魅力であり、ほかに類を見ないものだと思います。

続きを読む

このニュースの写真

  • 海洋冒険家、白石康次郎が単独無寄港で地球一周。世界一過酷なヨットレースに参戦表明

関連ニュース

産経ネットショップがリニューアルキャンペーン。期間限定で何回でも使える10%割引クーポンなどプレゼント

「ニュース」のランキング