産経ニュース

春には「SANJIKU」の絹ストール 世界も注目、京都に伝わる織物技術とは

ニュース 経済

記事詳細

更新


春には「SANJIKU」の絹ストール 世界も注目、京都に伝わる織物技術とは

ストールの先端が剣先のようなスランカットが洗練された印象のマリオン・ヴィダル氏とのコラボモデル ストールの先端が剣先のようなスランカットが洗練された印象のマリオン・ヴィダル氏とのコラボモデル

 陽射しが春めいてくるとカシミヤのマフラーより、絹のストールをさらりと巻いて出かけたくなる。そんな季節の変わり目に「SANJIKU」のシルクストールはいかが?

 「SANJIKU」は、1000年以上前に京都で生まれ、神社の装飾や仏具、鎧兜や刀の下緒に使われた京組紐(くみひも)の技術を応用して作られた絹織物。呉服専門商社、近江屋(京都市)が開発し、着物の帯にも使われ、独特の三軸組織が特徴。三方向に走る糸が複雑に絡み合ってできたシルクの布地で伸縮性があり、しわになりにくく強度も高い。また、シルク特有の自然な光沢があり、複雑な模様や繊細な色のグラデーションが魅力。世界に数台しか残っていない高さ約3メートル、直径約5メートルの円形の特殊な織機で織られている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 春には「SANJIKU」の絹ストール 世界も注目、京都に伝わる織物技術とは
  • 春には「SANJIKU」の絹ストール 世界も注目、京都に伝わる織物技術とは
  • 春には「SANJIKU」の絹ストール 世界も注目、京都に伝わる織物技術とは
  • 春には「SANJIKU」の絹ストール 世界も注目、京都に伝わる織物技術とは

関連ニュース

東洋のスイス、信州・諏訪で元諏訪精工舎の職人が作るこだわりの純国産時計

「ニュース」のランキング