産経ニュース

軽減税率でおからの税率は? 国税庁、線引きを来週公表 食用8%でも飼料用は10%

ニュース 経済

記事詳細

更新


軽減税率でおからの税率は? 国税庁、線引きを来週公表 食用8%でも飼料用は10%

 国税庁は消費税率10%への引き上げと同時に導入する軽減税率制度について、消費者が判別しにくい事例の扱いを盛り込んだ通達とQ&Aをまとめ、来週に公表する。食べることができるトウモロコシでも飼料用やエタノールなど工業用として販売される場合は対象外になる。

 軽減税率は酒類と外食を除く飲食料品と週2回以上発行している新聞の定期購読料を対象に税率を8%に据え置く。対象となる飲食料品は食品表示法で定められた食品だが、販売の現場では曖昧さが指摘されるため、国税庁は具体例の通達を出し、Q&Aの事例集もホームページに載せて周知徹底を図る。

 トウモロコシと同様、豆腐を作るときに生じるおからは食用なら対象だが、飼料用は食品表示法に該当せず対象から外れる。ただ、判断するのは顧客が購入する時点であり、食用として販売されたものを購入後にどう利用しても税率は変わらない。一方、イチゴ狩りやブドウ狩りの入園料は飲食料品とはみなされず、対象から外れる。

 線引きがまとまったことで、事業者はレジの改修や経理・販売方式の見直しなどの準備作業を本格化させる見通しだ。

「ニュース」のランキング