産経ニュース

「同一労働」検討会が初会合 塩崎厚労相「非正規の待遇改善に本腰」

ニュース 経済

記事詳細

更新


「同一労働」検討会が初会合 塩崎厚労相「非正規の待遇改善に本腰」

 正社員と非正規社員の賃金格差是正を目指す「同一労働同一賃金」に関する政府の有識者検討会は23日、初会合を厚生労働省で開いた。フランスやドイツなど先行する欧州の実態を把握した上で4月中下旬に論点を整理し、5月にも取りまとめる「ニッポン1億総活躍プラン」に反映させる。

 初会合で塩崎恭久厚労相は「働き方改革の大きな柱の一つである同一労働同一賃金の導入に本腰を入れて取り組み、非正規雇用で働く方の待遇を改善したい」と強調。加藤勝信1億総活躍担当相も「多様で柔軟な働き方の選択を広げていくためにも非正規労働者の待遇改善を図ることが大変重要であり、同一労働同一賃金の実現は大変大きな重要な要素となる」と語った。

 検討会は論点整理後、年内をめどに、正社員と非正規の賃金格差が不合理なケースについて具体例を示した指針を策定する。

「ニュース」のランキング