産経ニュース

東洋のスイス、信州・諏訪で元諏訪精工舎の職人が作るこだわりの純国産時計

ニュース 経済

記事詳細

更新


東洋のスイス、信州・諏訪で元諏訪精工舎の職人が作るこだわりの純国産時計

シンプルなクラシックフェイスのデザイン シンプルなクラシックフェイスのデザイン

 中でも人気のモデルが、日本唯一の馬具メーカー「ソメスサドル」の革をベルトに採用した「SPQRマスターピース×SOMESブライドルレザー」。究極まで無駄を削ぎ落としたシンプルな造形が美しいステンレス製のケースに、つや消し加工を施した。ムーブメントには正確な時を刻む国産クオーツを採用。文字盤は、文字レイアウトとコントラストを効かせた配色の工夫で判読性が高い。また、時針と分針の両方に安全な無公害の夜光塗料を採用しており、夜間の視認性にも考慮した。

 ベルトは英国の有名皮革メーカーが厳選した4ミリ厚のブライドルレザーを植物タンニンなめしで丹念に仕上げた革を使用。独特のやわらかな風合いとキメ細かく繊細な肌触りで、使い込むほどに味わい深く経年変化するところも魅力だ。文字盤はアイボリーとブラックの2色。ベルト色は、それぞれブラック、ナチュラル、キャメル、ブラウンの4色。3万2,400円(税込)。

このニュースの写真

  • 東洋のスイス、信州・諏訪で元諏訪精工舎の職人が作るこだわりの純国産時計
  • 東洋のスイス、信州・諏訪で元諏訪精工舎の職人が作るこだわりの純国産時計
  • 東洋のスイス、信州・諏訪で元諏訪精工舎の職人が作るこだわりの純国産時計

関連ニュース

カシオから“究極”の3万円電卓 銀行マンに人気、キータッチはPC並み

「ニュース」のランキング