産経ニュース

ソニー、音楽出版最大手の米子会社を完全子会社化、ビートルズ、レディー・ガガの楽曲など管理

ニュース 経済

記事詳細

更新


ソニー、音楽出版最大手の米子会社を完全子会社化、ビートルズ、レディー・ガガの楽曲など管理

 ソニーは15日、音楽出版最大手の米子会社、ソニーATVミュージックパブリッシングを完全子会社化すると発表した。ソニーATVに折半出資する米人気歌手の故マイケル・ジャクソン氏の遺産管理財団の持ち分を7億5千万ドル(約840億円)で買い取る。音楽CD販売や楽曲ダウンロード数は減少が続く半面、定額音楽配信サービスなど音楽出版は安定的な収益が見込めると判断した。

 今月末までに最終契約を結ぶ予定。監督官庁などの承認を経て、ソニー米国子会社が完全子会化する。2016年3月期連結業績への影響は軽微としている。

 ソニーATVはソニー米子会社とジャクソン氏が1995年に折半出資で設立。ビートルズをはじめレディー・ガガ、テイラー・スウィフトなど約200万曲の楽曲著作権を管理する。

 ソニーとジャクソン氏の遺産管理財団は、片方がもう一方の株式を買い取れる「バイセル取引」の契約を締結。ソニーが昨年9月、その権利を行使し、持ち株を手放すか、買い取るかを慎重に検討していた。

 ソニーは国内外で音楽制作・販売を手がけるほか、11年に投資ファンドと英音楽大手EMIの音楽出版事業を共同買収するなど音楽出版事業を拡大してきた。同社の17年度までの中期経営計画では、映画や音楽といったエンターテインメント分野を成長のけん引役と位置付けている。

「ニュース」のランキング