産経ニュース

出所者支援「社会で共有を」 “ホリエモン”堀江貴文氏が再犯防止訴え

ニュース 経済

記事詳細

更新


出所者支援「社会で共有を」 “ホリエモン”堀江貴文氏が再犯防止訴え

再犯防止について講演する堀江貴文氏=1日午後、東京都港区 再犯防止について講演する堀江貴文氏=1日午後、東京都港区

 刑務所を出た人に就労の機会を提供する「職親プロジェクト」の発足3年を記念するシンポジウムが1日、東京都内で開かれた。元ライブドア社長で実業家の堀江貴文氏は「社会を良くするには再犯を減らすのが一番いい。出所者へのサポートが再犯率の低下に役立つということを社会全体が共有するのが重要だ」と語った。

 堀江氏はライブドア事件で実刑が確定し、長野刑務所に収容された。「元犯罪者にネガティブなことを言う人がいるがマジで傷つく。社会で復帰できないと思って再犯してしまう」と話し、偏見をなくすことの重要性を訴えた。

 職親プロジェクトは平成25年2月に始まった。当初から参加しているお好み焼きチェーン「千房」(大阪市)の中井政嗣社長は「これまでに21人受け入れ、5人は今も残っている。1人でも成功事例をつくることが大事だ」と話した。

関連ニュース

【関西の議論】暴走族、傷害事件、金儲け主義…母の死が“破天荒”なオレを変えた 出所者支援の会社を立ち上げた男の“生きざま”   

「ニュース」のランキング