産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


バター来年度も生産量は不足

 生乳生産者などでつくる業界団体Jミルクは27日、品薄が恒常化しているバターについて平成28年度も8200トン不足するとの見通しを発表した。農林水産省は28年度の国際約束に基づく最低輸入量を7千トンにする方針で、在庫量を勘案すると品不足は回避できると見込んでいる。

 28年度のバターの生産量見通しは前年度比0・7%減の6万6700トンで、推定需要量は前年並みの7万4800トンと算出した。今後、天候不順などで生産量が減少する懸念もあることから、Jミルクは今年5月に改めて需給見通しを公表する。農水省はそれを参考に、バターの追加輸入の必要性を判断する。

 高齢化による酪農家の減少などが原因でバターの生産量は激減しており、農水省は26、27年度に追加輸入を迫られた。

「ニュース」のランキング