産経ニュース

ドコモが「iPhone6s」1万円値上げ  来月から、2社も追随へ

ニュース 経済

記事詳細

更新


ドコモが「iPhone6s」1万円値上げ  来月から、2社も追随へ

 NTTドコモは2月1日から、米アップルの「iPhone(アイフォーン)6s」を1万円程度値上げする。2年契約の際、端末代金の割賦支払い分とほぼ同額を通信料金から差し引き、本体価格を「実質0円」とする販売方式を改める。携帯電話大手3社は月内に「実質0円販売」の是正策を総務省に報告する予定で、KDDIとソフトバンクも追随する見通しだ。

 ドコモでは現在、メモリー16ギガ(ギガは10億)バイトのアイフォーン6sの場合、毎月の通信料金から約3500円割り引く「月々サポート」により本体価格を実質0円としている。これが2月以降は1万円程度となる。アイフォーン上位機種も、現在の本体価格から1万円前後値上げとなるほか、他社の最新機種も実質0円での販売をやめる。

 ただ、1契約当たり2万~4万円程度をドコモが販売店に支払う「販売奨励金」は基本的に継続する。型落ちの旧モデルは在庫処分のため値引き販売が必要となり、旧型端末の一部では実質0円での販売も残る見通しだ。

関連ニュース

【経済インサイド】実質0円はなくならない!? 政府の携帯料金引き下げ要求を読み解くと…

「ニュース」のランキング