産経ニュース

次期主力戦闘機「F35」の部品輸出を 米国で完成品→第三国供与を想定 経団連が提言

ニュース 経済

記事詳細

更新


次期主力戦闘機「F35」の部品輸出を 米国で完成品→第三国供与を想定 経団連が提言

 日本経済団体連合会は10日まとめた「防衛産業政策の実行に向けた提言」の中で、国内防衛各社が航空自衛隊の次期主力戦闘機F35を国内生産するのに合わせ、海外向けにもF35関連のコンポーネントを輸出できる体制を構築すべきだとして、政府に支援を求めた。主に米国向けなどにコンポーネントを輸出し、完成したF35を第三国に供与する仕組みを想定している。

 提言は10月1日に防衛装備庁が発足するのを前に、国内防衛産業の要望としてまとめた。日本はF35の共同開発には参加していないが、開発の中心となった米国の配慮で自衛隊向けの生産や、アジア太平洋地域で自衛隊や米軍などのF35の修理などを担当するリージョナル・デポの役割を担っている。

 国内向けは国内の関連メーカーがエンジンや電子機器などのコンポーネントを製造し、三菱重工業の生産ラインで最終組立を行うことになってるが、産業界はこれに合わせ海外向けラインを増設したい考えだ。ライン新設のための金融支援を政府に要望する。

「ニュース」のランキング