産経ニュース

くるみの栄養と健康に関する最新の研究成果を第12回アジア栄養学会議(ACN2015)で発表

ニュース 経済

記事詳細

更新


くるみの栄養と健康に関する最新の研究成果を第12回アジア栄養学会議(ACN2015)で発表

カリフォルニア くるみ協会
カリフォルニア くるみ協会は2015年5月16日と17日に、パシフィコ横浜で開催された第12回アジア栄養学会議(ACN2015)で、くるみに関する最新の研究成果を紹介するシンポジウムとランチョンセミナーを開催しました。

[画像: http://prtimes.jp/i/3365/26/resize/d3365-26-401389-0.jpg ]

●欧米のくるみの研究者が来日 第12回アジア栄養学会議で講演

カリフォルニア くるみ協会では、1995年よりくるみの効能を科学的に研究する諮問機関(Scientific Advisory Council=SAC)を立ち上げ研究を促進してきました。現在までに、心臓の健康、糖尿病、がん、認知機能、リプロダクティブヘルス、体重管理の各分野でくるみが果たす役割を扱った査読論文が160件以上発表されています。

パシフィコ横浜で開催された第12回アジア栄養学会議(ACN2015)で、栄養学の研究者が来日し、2015年5月16日と17日に、くるみの健康効果に関する最近の研究成果を発表しました。ACN2015は、栄養と食品に関する大型の国際会議で、「健康長寿のための栄養と食糧」をテーマに、5月14日から18日までに特別講演19題、一般演題1500題、シンポジウム52セッションが行われました。

●くるみを毎日食べると健康上のベネフィットを得られる

ランチョンセミナーではワシントン大学(セントルイス)のコニー・ディークマン氏(教育学修士、登録栄養士、認定スポーツ栄養学スペシャリスト、認定栄養士、米国栄養士会フェロー)が、最新の研究結果と米国でくるみの健康効果に対する理解が進んでいる過程を紹介しました。

くるみは栄養価の高い食品で、1オンス(28グラム)のくるみに含まれる脂肪酸18グラムのうち多価不飽和脂肪酸(PUFA)は13グラムを占めています。特に、くるみはオメガ3(n-3系)脂肪酸であるアルファリノレン酸(ALA)のすぐれた供給源で、28グラム中に2.5グラム含まれています。

ナッツ類の中でオメガ3脂肪酸がもっとも多く含まれるくるみは、コレステロール値や中性脂肪値を下げ、動脈硬化を防ぎ、心臓病、脳卒中、糖尿病、肥満、高血圧、がんなど、いわゆる生活習慣病の予防効果を発揮することが、世界各国で行われた研究によって示されています(※1)。

●くるみは栄養バランスの優れたホールフード

くるみは心臓血管の健康に良い効果をもたらすことを示した研究が多く発表されたのを受け、米国食品医薬品局(FDA)は2004年にくるみをホールフード(加工・精製の度合が低い、丸ごと食べられる食品)としてはじめて承認しました。

ウーロンゴン大学(オーストラリア)栄養・食品学のリンダ・タプセル教授は、「健康増進のために栄養バランスの優れた食事が求められます。さまざまな食品と食品に含まれる栄養素、食習慣全体が相互に作用し健康を支える「フード・シナジー」に注意することが大切です。くるみは栄養をバランス良く摂取できる重要なホールフードです。くるみを利用すれば、オメガ3脂肪酸をはじめとする栄養を簡単かつ手軽に食事に取り入れられます」と言っています。

ハーバード公衆衛生大学院の研究者が発表した研究で、くるみを豊富に含む食事により、体重増加をもたらすことなく、総コレステロール値とLDLコレステロール値が低下することが確かめられました(※2)。

●くるみを取り入れた地中海食で心筋梗塞や脳卒中、認知症を予防

ホスピタルクリニコ(スペイン)の脂質クリニック所長のエミリオ・ロス博士は、地中海食の食事パターンの効果を評価した画期的な「PREDIMED(地中海食による疾患予防)試験」の結果を紹介しました。

PREDIMED試験は、心血管系疾患の一次予防における地中海食の効果を調べる目的で、多施設無作為試験としてスペインで行われました。エクストラバージンオリーブオイル、またはくるみ15グラムを含むナッツ類30グラムを加えた地中海食が、低脂肪食と比べて心血管系疾患(心筋梗塞、脳卒中、心血管系死亡)をどれだけ防ぐか調べる目的で行われました。

その結果、くるみを中心としたナッツ類を加えた地中海食群では、低脂肪食を摂取した対照群と比べて、心血管系疾患のリスクが30%抑制され、脳卒中に限るとリスクが49%抑制されることが示されました(※3)。

さらに、PREDIMED試験のサブ試験において、くるみ15グラムを含むナッツ類30グラムを加えた地中海食を摂取した人は、記憶力に有意な改善を示しました。くるみに豊富に含まれるALAとポリフェノール類がこの有益な効果をもたらしたと考えられます。

●くるみに抗がん作用がある可能性が研究で判明

コネティカット大学医学部のダニエル・ローゼンバーグ教授は、くるみの摂取とがんの予防についての最近の研究を解説しました。くるみに含まれる栄養成分は、がんの発症を抑制する効果があると期待されています(※4)。

くるみに含まれるALAや、抗酸化作用のあるγ-トコフェロールが、がんの発症に伴い起こる炎症作用を抑制すると考えられています。くるみは、植物に含まれるフィトケミカルのひとつであるフィトステロールや、食物繊維などもバランス良く含む、理想的な食品です。

テキサス大学保健科学センターの研究者らによる研究で、くるみを加えた食餌を与えられたマウスでは前立腺がんの発生率がわずか18%だったのに対し、くるみを加えない対照食を与えられたマウスでは44%となり、がんの発生したマウスにおいても、くるみ食群の腫瘍の平均サイズは対照食群と比べて4分の1になることが明らかになりました(※5)。

●くるみを上手に食生活に取り入れる方法を紹介

くるみは、さまざまな食べ方ができ、毎日の食生活に簡単に取り入れることができます。カリフォルニア くるみ協会のサイト(http://www.californiakurumi.jp/)には、くるみレシピのアイデアをはじめ、くるみの健康効果が掲載されています。

カリフォルニアくるみ協会について
1987年創立のカリフォルニアくるみ協会は、くるみ生産者に義務づけられる分担金によって資金をまかなっています。カリフォルニア州食料農業局(CDFA)長官と連携して業務にあたる州代理機関です。主に保健研究と輸出市場開発の活動に従事しています。

参考資料:
(※1) Latest Research Shows Heart Health Benefits of Walnuts in the German Diet
http://www.walnuts.org/news/latest-research-shows-heart-health-benefits-of-walnuts-in-the-german-diet/

(※2) Effects of walnut consumption on blood lipids and other CVD risk factors: a meta-analysis and systematic review. American Journal of Clinical Nutrition. 2009 Jul;90(1):56-63.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19458020

(※3) Primary prevention of cardiovascular disease with a Mediterranean diet. New England Journal of Medicine. 2013 Apr 4;368(14):1279-90.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23432189

(※4) Walnuts - American Institute for Cancer Research
http://www.aicr.org/foods-that-fight-cancer/walnuts.html

(※5) A walnut-enriched diet reduces the growth of LNCaP human prostate cancer xenografts in nude mice. Cancer Investigation. 2013 Jul;31(6):365-73.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23758186

「ニュース」のランキング