産経ニュース

格安SIM実質値下げ ロック解除義務化追い風

ニュース 経済

記事詳細

更新


格安SIM実質値下げ ロック解除義務化追い風

人気が高まる格安SIM。ユーザー増をにらみ、各社が実質値下げに走る=東京都新宿区の「ビックロ ビックカメラ新宿東口店」

 スマートフォンやタブレット端末向けに低料金の通信サービスの「SIMカード」を提供している通信事業各社が、4月に相次いで実質値下げに踏み切る。ニフティは20日、月間の高速データ通信容量2~7ギガバイトの3プランについて、価格を据え置いたまま容量を約3~5割拡大すると発表。ビッグローブは利便性アップに向け、使い切れなかったデータ通信量を翌月に繰り越せる新サービスを4月に導入する。

 実質値下げは、インターネットイニシアティブが今月10日発表したのを皮切りに、NTTコミュニケーションズやフュージョン・コミュニケーションズなどが追随した。月額3千円前後の大容量プランは上限が軒並み10ギガに増え、利用者の多い2ギガプランは「月3ギガ、1600円」が主流となる。

 このタイミングで各社が実質値下げする背景には、総務省による制度変更がある。加入先の通信会社以外の回線を使えないように携帯電話の機能を制限する「SIMロック」の解除が5月に義務化されることが、「格安SIMの新規利用者を取り込む商機」(NTTコミュニケーションズ)となるからだ。

 各社のサービスは、NTTドコモの回線を一定額で借り、自社ブランドで提供する仕組み。データ通信専用の最安プランは月1千円を切るなど「値下げの余地が小さい」(大手事業者)ため、通信容量を増やして割安感をアピールする戦略だ。

「ニュース」のランキング