産経ニュース

ワタミ「料理やサービスのレベル低かった」 居酒屋メニューを平均1割値下げ

ニュース 経済

記事詳細

更新


ワタミ「料理やサービスのレベル低かった」 居酒屋メニューを平均1割値下げ

10年ぶりの値下げとなるメニュー改定を発表するワタミの清水邦晃社長=19日、東京都港区(平尾孝撮影)

 ワタミの清水邦晃社長は19日、東京都内で会見し、居酒屋チェーンの「和民」「わたみん家」などのメニューを順次改定すると発表した。1皿あたりの平均単価を約1割引き下げるなど、「約10年ぶりの大幅な値下げ」(清水社長)に踏み切り、客離れを防ぐ狙い。

 4月9日に改定する和民では生ビールジョッキの税抜き価格を490円から450円に、ハイボールは450円から290円に値下げする。ボリュームを減らすなどして、料理1皿の単価を449円から401円に引き下げる。これにより2850円に上昇していた税抜きの客単価を2600円程度に抑える。

 また、人手不足で接客面が悪化したという指摘に対して、調理の工程数の大幅削減で、料理が届くまでの時間短縮する。使用する食材の種類は3割減らす。

 同社は最近の営業不振について、「料理やサービスのレベルが低く、価格を上げてきた中で、お客さまに価値を感じてもらえる店が作れなかった」(清水社長)ことが原因と分析。値下げで顧客満足度の向上を図る考えだ。

関連ニュース

ワタミの新社長にバイト出身の清水常務 トップ人事で赤字経営脱却へ、3月1日付

「ニュース」のランキング