産経ニュース

日本郵便、封筒型郵便の普及版を半額の180円で ヤマトのメール便廃止ニーズ奪う

ニュース 経済

記事詳細

更新


日本郵便、封筒型郵便の普及版を半額の180円で ヤマトのメール便廃止ニーズ奪う

日本郵便の新サービス「スマートレター」の専用封筒。文庫本なら2冊入り、信書も送れる=6日、東京・霞が関(山沢義徳撮影)

 日本郵便は6日、封筒型郵便の新サービス「スマートレター」を4月3日から順次提供すると発表した。A5判サイズ、厚さ2センチ、重さ1キロまでの書類や荷物が送れる。薄い文庫本なら2冊入る大きさで、送料込みの専用封筒を180円で販売する。

 既存の「レターパックライト」(A4判、厚さ3センチ、重さ4キロまで、360円)の普及型サービスという位置付け。ちょうど半額で、「ちょっとした贈り物やネットオークションでの品物のやり取りなど、小口の個人需要に対応する」(郵便・物流商品サービス企画部)という。配送状況を確認できる追跡サービスはついていない。

 同じものを定型外郵便で送るには、1キロ以内だと最大600円かかるため、送るものによってはかなり安くなる。

 まず東京都内の郵便局やコンビニエンスストアなどで発売し、店頭販売の全国拡大は秋ごろになる見通し。

 書類やDVDなどを低価格で送れるサービスとしては、ヤマト運輸が「クロネコメール便」(A4判サイズ、82円~)を提供しているが、法律で認められていない「信書」の同封トラブルを避けるとして、今月一杯で廃止する。

 これに対し、日本郵便の新サービスは「信書も同封可能で、送る際に迷わないのが売り」としており、ヤマトのメール便廃止で宙に浮くニーズを取り込むことになりそうだ。

「ニュース」のランキング