産経ニュース

三菱東京UFJ銀が人間型接客ロボを導入 身長58センチで愛嬌ある動き

ニュース 経済

記事詳細

更新


三菱東京UFJ銀が人間型接客ロボを導入 身長58センチで愛嬌ある動き

三菱東京UFJ銀行が試験導入する接客ロボット。こんな器用な動きも=2日、東京都千代田区(藤原章裕撮影)

 三菱東京UFJ銀行は2日、今春から身長58センチの人間型接客ロボットを首都圏の1~2店舗に試験的に置くことを決め、試作機を公開した。銀行の接客ロボット導入は世界初という。店舗のエンターテインメント(娯楽)性を高めるとともに、業務の効率化にもつなげる。

 導入するのは、ソフトバンクが出資する仏アルデバラン製のロボット「NAO(ナオ)」。肘や膝の“関節”を駆使した愛嬌(あいきょう)ある動きが特徴だ。同行とアルデバランが専用ソフトを開発し、ナオに組み込んだ。

 来店客をカメラで認識。「現金自動預払機(ATM)の場所は」「住宅ローンの窓口は」といった質問を聞き、それぞれに応じた窓口を案内する。

 東京五輪で増えると予想される外国人客の接客もできるよう、英語やフランス語など19カ国語で会話できる機能を持っている。行員を補助する案内係としてデビューさせ、来店客の反応を見極めたうえで本格導入するか判断する。

 同社は、米IBM製の人工知能「ワトソン」を使う取り組みも開始。ロボットの会話力を高めるだけでなく、蓄積した客のビッグデータを資産管理や財務アドバイスなど新たな金融サービスにつなげられるか検証する。

このニュースの写真

  • 三菱東京UFJ銀が人間型接客ロボを導入 身長58センチで愛嬌ある動き
  • 三菱東京UFJ銀が人間型接客ロボを導入 身長58センチで愛嬌ある動き

「ニュース」のランキング