産経ニュース

日本の高速鉄道走らせろ! 官民で中国の安値攻勢に対抗

ニュース 経済

記事詳細

更新


日本の高速鉄道走らせろ! 官民で中国の安値攻勢に対抗

台湾高速鉄道の車両=台湾・高鉄台中駅(今野顕撮影)

 ただし、新幹線の輸出実績は、07年開業の台湾高速鉄道のみにとどまる。「新幹線の安全性や信頼性の高さは知られているが、『価格が高い』と思われている」(JR関係者)こともあり、受注競争で苦戦が続く要因の一つになっている。

ファンド立ち上げ

 そんな中、日本勢も反撃を開始した。4月にJR東海、東日本、西日本、九州の4社が「国際高速鉄道協会」を設立。鉄道関連メーカーや大手商社も加わったオールジャパンの体制で技術を結集し、コスト削減など競争力の強化を図るのが狙いだ。

 さらに、鉄道を中心としたインフラ輸出を支援する官製ファンド「海外交通・都市開発事業支援機構」が10月に発足。同機構は官民から集めた資金を元手に海外企業に出資し、日本企業の受注を資金面からサポートする。

 まずはシンガポールとマレーシアを結ぶ高速鉄道などの受注を目指す。このほかインドの高速鉄道計画の一部で、JR東日本などが事業化調査を獲得しており、こうした案件を着実に受注に結びつけたい考えだ。

このニュースの写真

  • 日本の高速鉄道走らせろ! 官民で中国の安値攻勢に対抗

「ニュース」のランキング