産経ニュース

造船各社 LNG運搬船の新規開発が加速 韓国勢を巻き返し 円安ウォン高追い風に

ニュース 経済

記事詳細

更新


造船各社 LNG運搬船の新規開発が加速 韓国勢を巻き返し 円安ウォン高追い風に

三菱重工業が開発した次世代LNG運搬船「サヤリンゴSTaGE(ステージ)」(完成イメージ図)

 国内造船各社が、液化天然ガス(LNG)運搬船の新規開発を加速している。停止中の原子力発電所の代替火力向けにLNG需要が増えているほか、今後、米国が輸出する新型天然ガス「シェールガス」の運搬需要も見込まれるためだ。三菱重工業は27日、次世代型LNG運搬船を開発したと発表。川崎重工業やジャパンマリンユナイテッドも新技術でLNGへの対応を強化しており、高付加価値を武器に、建造能力で優位に立つ韓国勢を巻き返す。(那須慎一)

 三菱重工が新開発したLNG運搬船「サヤリンゴSTaGE(ステージ)」=完成イメージ図=は、LNG貯蔵タンクに上部が膨らんだ独特のリンゴ形を導入。船自体を大型化することなく、LNG搭載量を同社の従来運搬船に比べて約16%増の18万立方メートルに拡大。北米航路で通過する新パナマ運河の航行制限をクリアできる船幅約49メートル級の船として最大規模のLNG運搬能力を実現した。同時に、高効率蒸気タービンとガス炊きが可能なエンジンを組み合わせるハイブリッド技術で、燃費効率も大幅に向上させた。

「ニュース」のランキング