産経ニュース

これがトヨタが狙う「ミライ」 世界に先駆け燃料電池車12月発売 価格は723万円

ニュース 経済

記事詳細

更新


これがトヨタが狙う「ミライ」 世界に先駆け燃料電池車12月発売 価格は723万円

トヨタ自動車が世界の自動車メーカーで初めての一般向けに販売する燃料電池車「MIRAI」=18日午前、東京都江東区

 トヨタ自動車は18日、新型の燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」を12月15日に発売すると発表した。FCVを一般向けに販売するのは世界の自動車メーカーで初めて。価格は723万6千円に抑え、本格的な普及を目指す。

 ミライはセダンタイプで4人乗り。水素タンクへの充填時間は約3分で、航続距離は650キロ。政府は約200万円の購入補助金を予定しており、実質価格は520万円程度になる見込み。

 生産は愛知県豊田市の元町工場で行う。年間販売台数は約700台になる見通しで、国内は来年末までに約400台を販売する目標だ。

 トヨタはこれまでFCVのリース販売を手がけていた。量販FCVについては、発売時期は平成26年度中としていたが、年内に前倒しする。

 トヨタの加藤光久副社長は都内で開いた発表会で、「これは車だけの革命ではなく、水素社会へのイノベーション(技術革新)。トヨタにとって、これまで以上のチャレンジになる」と決意を示した。

 FCVは水素と酸素の化学反応で発生した電気でモーターを回して走行する。二酸化炭素などを排出せず、究極のエコカーと呼ばれる。ホンダが27年度に5人乗りFCVの発売を予定するなど、国内外のメーカーが開発を加速しており、電気自動車も交えたエコカーの販売競争は激しくなりそうだ。

このニュースの写真

  • これがトヨタが狙う「ミライ」 世界に先駆け燃料電池車12月発売 価格は723万円

「ニュース」のランキング