産経ニュース

スマホで照明を遠隔操作できる配線器具 パナソニックが来年1月に初の商品化

ニュース 経済

記事詳細

更新


スマホで照明を遠隔操作できる配線器具 パナソニックが来年1月に初の商品化

スマートフォンで遠隔操作できる、パナソニックの照明器具用スイッチ

 パナソニックは5日、住宅の照明をスマートフォンで遠隔操作できる配線器具「アドバンスシリーズ(リンクモデル)」を来年1月21日から業界で初めて発売すると発表した。スマホに専用アプリをダウンロードすれば、照明の点灯・消灯や光を調節できる。想定価格は1万1300円(税別)。2015年度に同シリーズ全体で売上高9億円を目指す。

 パナソニックは7月にデザインにこだわったスイッチ「アドバンスシリーズ」の発売を始めたが、今回、スマホやタブレット端末で照明の切り替えを操作できる機能を開発した。

 新商品は、タッチLED調光スイッチなどの配線器具。リビングや寝室で生活シーンに合わせた点灯パターンをワンタッチで切り替えられるほか、家の照明を一括で消せる機能などもある。

 スマホによる照明の遠隔操作は、照明器具に近距離無線通信を搭載し、あかりをつけたり、消したりできる機能はあった。パナソニックは今回、業界で初めてスイッチを介して遠隔で操作できる機能を開発した。

 同社は、30~40歳代の新築の住宅購入者をターゲットに販売を拡大したい考えだ。

「ニュース」のランキング