産経ニュース

国産原料100%の魚肉ソーセージを発売 イオンとマルハニチロ

ニュース 経済

記事詳細

更新


国産原料100%の魚肉ソーセージを発売 イオンとマルハニチロ

 イオンリテールとマルハニチロは30日、共同で国産すり身を100%使用した魚肉ソーセージを発売した。大手小売りでは初めて。食材の安全・安心な食材をアピールし、国産魚の消費を促して魚食文化を継承することを狙う。

 7月に起きた中国食品会社の期限切れ鶏肉問題などで、食材の産地や安全性に対する消費者の関心が高まっており、外食チェーンやスーパーなどの間では、国産食材を増やす動きが広がっている。

 イオンリテールとマルハニチロが発売したのは「くるんパック おさかなのソーセージ」。

60グラムの2本束で本体価格は98円となっている。まず関東の総合スーパー、イオン61店舗で販売し、11月6日から、本州・四国のイオン全347店舗で展開する。

 原料には、北海道産の「スケトウダラ」や、あまり流通していない島根県産の「かながしら」「えそ」を使用。弾力ある食感を実現しると同時に、ふちをつまんでどこからでも簡単に開けられるフィルムを包装に使い、食べやすくした。

「ニュース」のランキング