産経ニュース

「こびとづかん」の長崎出版が自己破産 売上げ急増で経営破綻

ニュース 経済

記事詳細

更新


「こびとづかん」の長崎出版が自己破産 売上げ急増で経営破綻

 「こびとづかん」シリーズで知られる長崎出版が東京地裁に自己破産を申請、30日までに破産手続き開始の決定を受けた。信用調査会社の帝国データバンクによると、関連4社も同様に破産手続きに入り、グループの負債総額は17億4千万円という。

 長崎出版は東京・神田に本社を置く昭和50年設立の児童書中心の中堅出版社。架空の生き物である「こびと」を捕まえて動物採集のように観察するシリーズの書籍を2006年に手がけたところ、絵本や観察ガイドブックなどが20万部を超える大ヒットに。ビデオソフトも他社から発売され、子供向けの大人気キャラクターとなった。

 それまでは年商1億円程度だったが、2012年度は一気に16億円を超える売上高に成長。これで古着ショップのチェーンを買収したり、持ち株会社制度を導入して会社規模を拡大するなど拡大路線を取ったが、失敗し経営破綻した。

 今年に入り、営業を停止。8月22日に東京地裁に自己破産を申請し、今月25日に破産手続き開始決定を受けた。

「ニュース」のランキング