産経ニュース

【プロが教える就活最前線】やりたい仕事に就けるのは3人に1人 大きい現実と理想のギャップ

ニュース 経済

記事詳細

更新

【プロが教える就活最前線】
やりたい仕事に就けるのは3人に1人 大きい現実と理想のギャップ

・仕事を選ぶ基準として何が大切かという質問に対する回答(複数回答可)について

(アンケート対象は学生)

「安定していて長く続けられる」(94.6%)

「収入が多い」(94.3%)

「自分の好きなことができる」(92.7%)

仕事を選ぶ理由としても、「安定」「収入」が重要視されており、「好きなこと」も高い数値となっております。現実はこのような基準を、全て満たす求人はほとんどないことは皆さんも理解できると思います。

・現在の仕事を選んだ理由

(アンケート対象は就業者)

「自分の好きなことができる」(32.5%)

「安定していて長く続けられる」(24.9%)

「どこでもよかったが,ほかにやりたいことがなかった」(24.2%)

 学生が仕事を選ぶ基準として「自分の好きなことができる」が90%あったのに対し、実際に仕事に就いている人で、自分の好きなことができる仕事に就いているのは「約3人に1人」であることが分かります。選ぶ基準と現実とのギャップが大きいことがわかります。

「ニュース」のランキング