産経ニュース

オリンピズム

トップニュース

更新

嘉納治五郎と幻の東京大会(3)厳しい結果も「大きな誇りを」

 初めての五輪に向かう2人を待つ人々で新橋駅(当時)はあふれんばかりだった。1912年5月16日、三島弥彦、金栗四三はストックホルムに向けて出発する。見送りには遅れてストックホルムに向かう嘉納治五郎をはじめ、大日本体育協会総務理事の安部磯雄(早大運動部長)、永井道明(東京高師体育部主任)らの姿もあっ…【続きを読む】

この特集のニュース

「ニュース」のランキング