産経ニュース

【日曜に書く】女子レスパワハラ・アメフト悪質タックル…相次ぐ不祥事 スポーツ界は釜石を忘れていないか 論説委員・佐野慎輔

ニュース コラム

記事詳細

更新

【日曜に書く】
女子レスパワハラ・アメフト悪質タックル…相次ぐ不祥事 スポーツ界は釜石を忘れていないか 論説委員・佐野慎輔

大漁旗を振って応援する釜石市民ら=釜石鵜住居復興スタジアム(蔵賢斗撮影) 大漁旗を振って応援する釜石市民ら=釜石鵜住居復興スタジアム(蔵賢斗撮影)

 この夏も、釜石に行った。整地から土盛り、基礎工事と、変化を見てきた釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアムのお披露目である。

 ともに日本選手権7連覇した新日鉄釜石と神戸製鋼OBによるレジェンド・マッチ、釜石シーウェイブスとヤマハ発動機ジュビロの試合。地元の人たちが「福来(フライ)」と呼ぶ大漁旗がうち振られ、往年の新日鉄釜石戦を思い出した。

 ◆わたしは釜石が好きだ

 「わたしは、釜石が好きだ。海と山に囲まれた、自然豊かなまちだから」

 「わたしは、ラグビーが好きだ。中学2年のとき、2015年のラグビーワールドカップ イングランド大会を現地で観戦して、スタジアムの雰囲気とその迫力に圧倒されたから」

 試合に先立つセレモニー。スタジアムキックオフ!宣言で、釜石高校2年生の洞口留伊さんが「未来への船出」と題した自作の詩を読み上げた。

 16歳の洞口さんは、あの「3・11」のときは鵜住居小学校3年生。算数の授業を途中でやめて、校舎の5階に逃げた。

 土砂崩れが起きて、もっと高台に逃げ、迫る津波に、「とにかく逃げなきゃ」と焦った。

 スタジアムは小学校、そして入学するはずだった釜石東中学校があった場所に建つ。洞口さんは、「離れ離れになってしまった友だちとまた会える大切な場所」とつづる。

続きを読む

「ニュース」のランキング