産経ニュース

【風を読む】ギブソンのギターに魅せられて分かったこと 論説副委員長・別府育郎

ニュース コラム

記事詳細

更新

【風を読む】
ギブソンのギターに魅せられて分かったこと 論説副委員長・別府育郎

「ハードロック・カジノ」がオープンする予定地の場所から数ブロック先のメーンストリートでつり下げられる「ギブソン・レスポール」のレプリカ=6月、米ニュージャージー州アトランティックシティー(AP) 「ハードロック・カジノ」がオープンする予定地の場所から数ブロック先のメーンストリートでつり下げられる「ギブソン・レスポール」のレプリカ=6月、米ニュージャージー州アトランティックシティー(AP)

 東京・四谷の新宿通り沿いにかつて、不思議なスポーツ用品店があった。通りに面した1階には野球のグラブやバットが飾られ、地下には米国製のギターが並んでいた。スポーツ用品は父親の代から引き継いだもので、地下のギターは主人の趣味なのだといった。

 少年のころに欲しかったものといえば、イソノのグラブ、玉澤のスパイク、そしてギブソンのギターだった。だから、夢のような店である。

 物に吸い寄せられるという不思議な感覚があり、ここでギブソンのギターを衝動買いした。小さめのボディーにサンバーストのよく枯れたアコースティックギター。ホールの中をのぞくと「LG1」と焼き印があり、1950年代から60年代にかけて作られた廉価版らしい。

 とはいえ、安い買い物ではなく、近くのコンビニで現金を下ろして支払った。十数年前のことだ。大して弾けるわけではないが、部屋にギブソンがある幸福感に、しばし浸った。

続きを読む

「ニュース」のランキング