産経ニュース

【正論】戦後73年に思う 明治の意義顧みるメッセージを 国学院大学名誉教授・大原康男

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
戦後73年に思う 明治の意義顧みるメッセージを 国学院大学名誉教授・大原康男

国学院大学名誉教授・大原康男氏 国学院大学名誉教授・大原康男氏

 ≪目白押しの「百五十年行事」

 西日本各地に大きな惨禍をもたらし、「特定非常災害」に指定された西日本豪雨から1カ月も過ぎたというのに、なかなか復興は進まない。例年なら73回目となる終戦の日を迎えてなにがしかの感懐を抱く時候なのだが、どこかに飛んでしまいそうな雲行きである。

 しかしながら、今年が明治元(1868)年から起算して150年に当たることから、1年8カ月前の平成28年12月に政府が策定したプロジェクト「『明治百五十年』関連施策の推進」は、公表された本年3月31日現在の「取組状況」をざっと眺めてみると、相当程度の成果が挙がりつつあることが窺(うかが)える。

 なにせ「明治以降の歩みを次世代に遺(のこ)す」ことと「明治の精神に学び、更(さら)に飛躍する国へ」を「基本的な考え方」として、国、都道府県・指定都市、市区町村(指定都市を除く)、民間団体ごとに区分され、一覧できるよう簡明に整理された施策概要はA5判で計352ページにも及んでいるからだ(既に実施済みのものがある一方、次年度に続くものもある)。

 ここでふと想起するのは、さらに50年を遡(さかのぼ)る「明治百年」である。昭和30年代半ば頃から43年の「明治維新百年」を記念する行事が左右両派から提議され、新聞・雑誌・テレビが相次いで特集を組み、関係する単行本の出版も100冊を優に超えたといわれる。展覧会や講演会などのイベントも次々に開催された。

 ≪通り一遍に過ぎはしないか

 とりわけ注目すべきなのは朝日新聞による「明治100年か、戦後20年か」という問いかけが大きな論争を生んだことである。60年安保で敗北した左派が70年安保を視野に入れた新たな闘争の一つとして提起したのであったのか。

続きを読む

「ニュース」のランキング