産経ニュース

【主張】自民党総裁選 国民のため堂々の論戦を

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
自民党総裁選 国民のため堂々の論戦を

 自民党の石破茂元幹事長が記者会見し、9月の総裁選への立候補を表明した。3選を目指す安倍晋三首相(総裁)は、8月後半にも出馬会見する見通しだ。一騎打ちとなる公算が大きい。

 これからの日本の舵(かじ)取りを担う首相を決める総裁選が、6年ぶりに行われる。

 405人の国会議員と100万人超の党員が投票権を持つが、事実上の首相選挙であるだけに国民の関心も集まろう。

 そこで語られることは衆院選における政権公約に等しい。候補者は国民の前で堂々と政見を論じ合ってほしい。

 大半の派閥の支持を固めた安倍首相の優勢であっても、石破氏の出馬には意味がある。

 近年の国会を見れば、政権担当能力のない野党が離合集散を繰り返し、日本の政治の中で建設的な役割を果たせていない。

 厳しい内外情勢の下で、日本の独立と繁栄をどのように保っていくのか。これまでの安倍政治の実績をどう位置づけ、よりよいものにするにはどうすればいいのか。総裁選は自民党がそれを問い直す貴重な機会となる。

 「9月7日告示、同20日投開票」の日程が有力だ。安倍首相の訪露など外交日程をはさんでの選挙戦となる。

続きを読む

「ニュース」のランキング