産経ニュース

【国語逍遙】(100)清湖口敏 「日本文化の粋(イキ)」と読んだ河野太郎外相 外相が…出身だから仕方ない?  

ニュース コラム

記事詳細

更新

【国語逍遙】
(100)清湖口敏 「日本文化の粋(イキ)」と読んだ河野太郎外相 外相が…出身だから仕方ない?  

「ジャポニスム2018」の開会式でスピーチする河野太郎外相=7月12日、パリ(海老沢類撮影) 「ジャポニスム2018」の開会式でスピーチする河野太郎外相=7月12日、パリ(海老沢類撮影)

 お盆の帰省を心待ちにしている人も多かろう。故郷の家族や親類、友人らと久しぶりに再会し、話に花を咲かせるうちにふと口をついて出るのは、普段は忘れがちの方言(お国言葉)ではなかろうか。

 ということで8月の小欄は方言をテーマに書こうと、先月の頭から漠然と想をめぐらしていたところへ、興味深いニュースが飛び込んで(?)きた。これも“方言”に関わる話なので、今回はそのニュースを取り上げてみたい。

 7月13日朝のNHKテレビは、日仏友好160周年を記念するイベント「ジャポニスム2018」がパリで開幕したことを伝えていた。画面には「日本文化の粋 堪能を」のタイトルが出ている。

 アナウンサーが「河野外務大臣は、一人でも多くの人に日本文化のイキを堪能してもらいたいと呼びかけました」と紹介するのを聞いて、オヤッと思った。画面はやがて、開会式に出席した河野太郎外相のスピーチに切り替わったが、私は外相のどんな一言も聞き漏らすまいと耳を欹(そばだ)てた。

 外相は「多くの方に触れていただき、日本文化の」と語ったところで3秒ほど沈黙し、そのあと「イキをご堪能…」と続けた。

続きを読む

「ニュース」のランキング