産経ニュース

【主張】南シナ海問題 中国の専横を押さえ込め

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
南シナ海問題 中国の専横を押さえ込め

 南シナ海問題をめぐる議論が、国際法を無視して人工島の軍事化を進める中国のペースで運んでいる点を、厳しく認識しなければならない。東南アジア諸国連合(ASEAN)の一連の外相会議のことである。

 ASEAN外相会議は共同声明で、中国の行動を念頭に「懸念」を表明した。だが、その対象は「埋め立て」にすぎず、ベトナムが求めた「軍事化」は入らなかった。

 ASEANと中国の外相会議では、紛争回避を目指す2002年の「行動宣言」を、実効性のある「行動規範」に格上げする課題について、交渉の進行を確認するにとどまった。中国による時間稼ぎである。

 中国は岩礁を埋め立てて滑走路やレーダー施設を建設し、爆撃機の離着陸訓練を実施した。最新の映像では、人工島に低層ビルが並び、都市の様相を見せている。

 中国の王毅外相は「外部からの邪魔を排除できれば、行動規範の交渉は促進する」と述べた。ASEANとの交渉を理由に、日米などの関与を拒もうとしていることは理不尽極まりない。

 南シナ海は公海であり、日本を含む世界各国にとって重要なシーレーン(海上交通路)である。問題解決に「外部」も「内部」もなく、力による現状変更は国際社会として容認できない。

続きを読む

「ニュース」のランキング