産経ニュース

【別府育郎のスポーツ茶論】ドーハからカタールへ 

ニュース コラム

記事詳細

更新

【別府育郎のスポーツ茶論】
ドーハからカタールへ 

 2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会を目指すサッカーの日本代表新監督に、森保一(もりやす・はじめ)が就任した。初の元Jリーガーによる代表監督である。

 森保は、オフト監督の秘蔵っ子として「ドーハの悲劇」を戦ったJリーグ草創期の選手だ。ドーハからカタールへ。それは、Jの歴史そのものである。

 岡田武史、西野朗は日本リーグ時代の代表選手だった。ドーハ組からは長谷川健太や井原正巳、高木琢也らがJ1で監督の実績を積んでいる。1998年フランス大会でW杯初出場を果たした代表からも名波浩、山口素弘らが続き、2002年日韓大会からは、宮本恒靖がガンバ大阪の監督に就任した。今後も、元Jリーガーが日本のサッカー界を牽引(けんいん)することになる。

続きを読む

「ニュース」のランキング