産経ニュース

【正論】なぜ北の非核化は進まないのか 拓殖大学総長・森本敏

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
なぜ北の非核化は進まないのか 拓殖大学総長・森本敏

拓殖大学の森本敏総長 拓殖大学の森本敏総長

 昨年まで北朝鮮は核・弾道ミサイルの開発・実験に専念していた。今年1月の金正恩朝鮮労働党委員長による年頭の辞以来、北朝鮮は対話路線をとり、まず、冬季オリンピックを契機にして韓国に接触し、4月末には南北首脳会談、6月には米朝首脳会談という歴史的会談が行われた。双方の会談で朝鮮半島の非核化が合意され、挑発行動が止まったことは大きな成果である。しかし、この非核化交渉は予想された通り、うまく進んでいるわけではない。

 朝鮮戦争の終戦宣言を優先

 まず、北朝鮮を督促するためソン・キム駐比米大使が板門店で崔善姫外務次官と協議し、続いてポンペオ国務長官も7月6日に訪朝した。そこで米国側はすぐにでも非核化交渉を始めたいと促したのに対し、北朝鮮側は、米朝首脳会談後に核実験場の爆破など非核化に向けた措置をとったのに、米国側は何も措置をとらず非核化交渉を進めようとしていることや、北朝鮮の関心は朝鮮戦争の終戦宣言など平和体制の構築にあるとして米国の対応に不満を表明した。

続きを読む

「ニュース」のランキング