産経ニュース

【日曜に書く】夏にこそ「防災の日」を 論説委員・鹿間孝一

ニュース コラム

記事詳細

更新

【日曜に書く】
夏にこそ「防災の日」を 論説委員・鹿間孝一

小田川の決壊で浸水被害を受け、連日の猛暑でひび割れた田んぼ=19日、岡山県倉敷市真備町地区 小田川の決壊で浸水被害を受け、連日の猛暑でひび割れた田んぼ=19日、岡山県倉敷市真備町地区

 豪雨と猛暑しか記憶に残らぬ7月だった。「記録的」などというものでなく、「歴史的」である。

 気象庁は「直ちに命を守る行動を」と大雨特別警報を発令し、「命の危険がある暑さ」と熱中症予防を呼びかけた。

 それでも西日本豪雨では200人以上が犠牲になり、なお安否不明者がいる。埼玉県熊谷市で41・1度と国内最高気温を更新した猛暑は、高齢者を中心に熱中症が相次いでいる。

文豪が描いた大水害

 谷崎潤一郎の名作「細雪(ささめゆき)」に阪神大水害が出てくる。

 昭和13(1938)年7月3日から5日にかけて、集中豪雨が神戸市などを襲い、六甲山のいたるところで土砂崩れや土石流が発生、死者・行方不明者約700人、損壊・浸水家屋約12万戸という甚大な被害をもたらした。平成7年に阪神大震災が起きるまでは阪神間では最大の自然災害といわれた。

 谷崎は当時、兵庫県武庫郡住吉村(現・神戸市東灘区)に住んでいた。近くを流れる住吉川も氾濫した。

 「六甲の山奥から溢(あふ)れ出した山津波なので、真っ白な波頭を立てた怒濤(どとう)が飛沫(ひまつ)を上げながら後から後からと押し寄せて来つつあって、恰(あたか)も全体が沸々と煮えくり返る湯のように見える。たしかにこの波立ったところは川ではなく海--どす黒く濁った、土用波が寄せる時の泥海である」

続きを読む

「ニュース」のランキング