産経ニュース

【正論】生物兵器研究を禁止する倫理を 東京大学客員教授・米本昌平

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
生物兵器研究を禁止する倫理を 東京大学客員教授・米本昌平

 米本昌平・東京大客員教授  米本昌平・東京大客員教授

 ≪ゲノム編集が開発促す恐れも

 近年、“ゲノム編集”という精度の高いDNA操作技術が開発され、利用が広がるにつれて、この技術が新しい生物兵器の開発を促すのではないかという懸念が、繰り返し示されるようになった。

 生物兵器は、1925年のジュネーブ議定書によって、化学兵器とともに実戦での使用が禁止され、さらに72年の生物兵器禁止条約によって、その開発・生産・貯蔵が禁止された。核兵器・化学兵器と並ぶ大量破壊兵器のうち、兵器としての保持を全面禁止にした初めての国際合意である。

 むろん今から見れば、いくつか欠点がある。条約順守のための検証手段がなく、防衛目的の研究は認められており、違反やその疑いがあっても安保理に苦情申し立てをするしか方策はない。条約の機能強化を目指して、8次にわたって運用検討会議が開かれてきたが、思わしい成果は出ていない。

 ではあるが、21世紀の今、国家が生物兵器を保持したり、ましてやその使用が疑われれば、国際的非難を浴びるのは確実である。条約の存在と生物技術の簡便さをあわせて考えると、生物兵器使用の危険性は、少数の“ならずもの国家”と、それ以上にテロ集団の場合が格段に高いことになる。

 生物兵器には、おどろおどろしい最終兵器というイメージがある上、戦前の日本軍の暗い行為が重なっている。これを議論するには、公開情報に限られるにしても確実な学術論文に依拠し、誠実でバランスのとれた問題の把握に努めなくてはならない。

続きを読む

「ニュース」のランキング