産経ニュース

【正論】新防衛大綱の策定議論は十分か 京都大学大学院教授・中西寛

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
新防衛大綱の策定議論は十分か 京都大学大学院教授・中西寛

中西寛・京都大学大学院教授 中西寛・京都大学大学院教授

 今回の大綱改定の提起にあたって、国家安全保障会議事務局や防衛省内でどのような検証が行われたのかは承知しない。しかし、検証が行われたのであれば、少なくともその概要は公表されるべきだろう。なぜなら現在は日本の防衛政策をめぐる大きな環境変化の段階にあると思われるからである。

 1976年に策定された昭和唯一の大綱は、冷戦下の米中ソ均衡を前提に、自衛隊が小規模紛争への自立した対応力を備えることを提言した。平成に策定された4度の大綱は、冷戦後の地球規模およびアジア太平洋地域の情勢を念頭に日米安保体制の持続的強化を志向してきた。平成最後の大綱となる次期大綱は、もちろん日米安保体制を引き続き基盤とするが、より自立した選択を要するだろう。

続きを読む

「ニュース」のランキング