産経ニュース

【正論】「理性ある服従」の実践に努めよ 金沢工業大学虎ノ門大学院教授・伊藤俊幸

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
「理性ある服従」の実践に努めよ 金沢工業大学虎ノ門大学院教授・伊藤俊幸

元海将の伊藤俊幸・金沢工業大学虎ノ門大学院教授(酒巻俊介撮影) 元海将の伊藤俊幸・金沢工業大学虎ノ門大学院教授(酒巻俊介撮影)

 日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックル事件がいまだに終息しない。元防衛大学校アメリカンフットボール部員だった筆者としては、このような形でこのスポーツが世間に広まることが残念でならない。

 第三者委員会の中間報告は「監督とコーチの指示」で行われ「傷害の意図」を含んでいたと認定。さらに「一部関係者が介入し、事件のもみ消しを図ろうとした」と断じた。マスコミ関係者も含め、「うちの会社も同じようなもの」という人が多かったことも、この事件が社会問題化した背景だったといわれている。

 ただ、「まるで軍隊のようだ」と揶揄(やゆ)されることには、違和感があることを指摘しておきたい。

 ≪帝国陸海軍に何が欠けていたか

 防衛大学校は、帝国陸海軍の失敗を教訓として、新たな自衛隊の幹部養成学校、いわゆる「新しい士官学校」として設立された。槙智雄初代学校長は、世界の士官学校を視察し、何が帝国陸海軍に欠けていたのかを模索した。その結果、強く指導した一つが「理性ある服従」、つまり「フォロワーシップ」の正しい姿だった。

 「理性ある服従をする部下に対しては、でたらめな命令は下せない」-卒業後、すぐに曹士隊員の上官となる防大生は、そのことをたたき込まれるのである。

 昨年11月、ハイテン米戦略軍司令官は、あるフォーラムで、トランプ米大統領が核攻撃を命令しても、自分が違法と判断すれば従わず、別の選択肢を大統領に提示する考えを示した。

 「その命令が違法なら、私はこう言うでしょう。『大統領、それは法に反しています』。大統領は『では、何が合法なんだい』と問われるでしょう。それに対して、私たちはどんな状況にも対応できる選択肢を検討し、『進言』するのです」

 つまり上司の命令を「正しく疑う」ことから始まるのだ。この「健全な懐疑主義」こそが科学的思考の上で、重要な要素だと米海軍では教育されている。「理性ある服従」の実践なのである。

続きを読む

「ニュース」のランキング