産経ニュース

【主張】国会閉会 機能する組織へ改革急げ 半年間何をやっていたのか

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
国会閉会 機能する組織へ改革急げ 半年間何をやっていたのか

 日本再生の鍵として「生産性」の言葉が多用される。通常国会で関連法が成立した働き方改革にも、人口減少社会で労働生産性を上げる狙いがあった。

 はたして、1カ月の延長を含め約半年の会期を終え閉幕した国会に、その生産性を見いだせただろうか。むしろ、非生産的な姿を改めて目の当たりにした印象だ。

 主たる要因は、野党側が延々と「森友・加計」学園問題を取り上げたことだ。政府に行為の違法性や致命的欠陥を突き付け、政策決定を撤回させる成果を挙げることはないままに終わった。野党の無策ぶりは批判されよう。

 ≪危機を軽視する愚かさ≫

 だが、それですまされない問題がある。低調な議論に時間を費やし、他の重要案件をやり過ごしていれば、いつかこの国を危うくしかねないことである。国会がより機能し、国民の負託に真に応えるための改革が急がれる。

 北朝鮮核問題の帰趨(きすう)は、いうまでもなく日本の生存を左右する。急遽(きゅうきょ)、浮上した米朝首脳会談は、日本に脅威を与え続ける核・ミサイルがどうなるかを決する意味合いがあった。

 そこに至るまでの間やその後において、国会でどれほどの時間をこの問題に費やしただろう。

 それにとどまらず、トランプ米政権下で日米同盟は変質を迫られるのか。保護主義に基づき米国が高関税など一方的な措置を連発する事態を受け、自由貿易をいかに堅持していくか。

続きを読む

「ニュース」のランキング