産経ニュース

【正論】明治ルネサンスで時代に新風を 文芸批評家、都留文科大学教授・新保祐司

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
明治ルネサンスで時代に新風を 文芸批評家、都留文科大学教授・新保祐司

新保祐司氏(瀧誠四郎撮影) 新保祐司氏(瀧誠四郎撮影)

 文明開化の明治は、西洋文明に影響を受けつつも一方で逆に日本を強く自覚した時代であった。前述の『茶の本』『代表的日本人』と新渡戸稲造の『武士道』は、英文による著作であり、深く意識された日本を世界に示すものであった。日本についての痛切な自覚に基づいた明治の精神のトーンをよく耳を澄まして聞きながら、今日のグローバルな世界の中での日本の独立自尊の進路を雄々しく決断していかなければならない。(文芸批評家、都留文科大学教授・新保祐司 しんぽ ゆうじ)

「ニュース」のランキング