産経ニュース

【正論】不信高まる小池流「たばこ条例」 現代史家・秦郁彦

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
不信高まる小池流「たばこ条例」 現代史家・秦郁彦

現代史家の秦郁彦氏(大西正純撮影) 現代史家の秦郁彦氏(大西正純撮影)

 ≪活路を狙う焦りの「産物」≫

 小池百合子氏が都民の熱狂的な支持を背景に、東京都知事に就任してから早くも2年になる。しかし、これという実績を示せないまま、知事の人気は低落しつづけている。

 何とか活路を見いだそうと、知事が強引に推し進めた「受動喫煙防止条例」は、6月27日の都議会で賛成多数で可決、成立した。彼女が公約として掲げた「原発ゼロ」「電柱ゼロ」「花粉症ゼロ」「受動喫煙ゼロ」など「12のゼロ」のうち、1つぐらいはと焦った心境の産物だろう。

 その思惑が的中したのか、産経新聞(5月30日付)は「(条例への)期待から支持率が回復基調」と報じた。主要メディアは概して、事実経過を淡々と伝える中立的姿勢に終始したが、例外も見かけた。6月28日の社説で「東京が全国のけん引役に」の見出しをつけた毎日新聞である。社説はさらに区によって規制がバラバラになっている「屋外での喫煙者対策を」とか、条例執行の実務を担う区市の保健所を大増員せよと提言するなど、エールを惜しまない。

 ちなみに都条例と同趣旨の条例は、既に神奈川県と兵庫県が施行している。だが朝日新聞のアンケートだと、46道府県の大半が、受動喫煙を規制する国の健康増進法改正案が準備中(6月19日に衆議院を通過、7月の会期中に参議院が議決の見込み)なので「独自の条例制定は検討していない」(6月28日付)と報じていた。

続きを読む

「ニュース」のランキング