産経ニュース

【正論】民心煽るポピュリズムの危うさ 防衛大学校名誉教授・佐瀬昌盛

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
民心煽るポピュリズムの危うさ 防衛大学校名誉教授・佐瀬昌盛

防衛大学校名誉教授・佐瀬昌盛 防衛大学校名誉教授・佐瀬昌盛

 ≪欧州で台頭する「右翼政党」

 マルクス、エンゲルスにならっていえば、「万国の右翼ポピュリストよ、団結せよ」とでもいうのだろうか。今年4月のハンガリー国会選挙で右翼ポピュリズム政党「フィデス・ハンガリー市民同盟」が第1党となり、得票率49・3%、議席総数199のうち133議席を得て人々を驚かせた。同党所属のオルバン首相は1998年から2002年までに加えて、10年5月から今日まで政権の座にある。

 それだけではない。第2党となったのは「ヨッビク」(より良いハンガリーのための運動)で、その得票率は19・06%であった。つまり、右翼ポピュリズム政党とこの極右政党の得票率を合算すると、7割に近い。

 ポーランドでも類似の現象が見られる。3年前の総選挙では「法と正義」(PiS)党が460議席中、235議席を獲得、第1党となっている。同党も右翼ポピュリズム政党だが、それでも米誌『フォーリン・アフェアーズ』(17年11月)が「ポーランドの『法と正義』はなぜかくも人気があるのか」と首をかしげたほど、支持率47%と国民的人気が高い。ちなみに6月の『産経新聞』世論調査では安倍晋三政権支持は44・6%である。

 このほか欧州ではスイス、オーストリア、イタリア、ラトビア、ノルウェー、ブルガリア、スロバキア、ギリシャなどで右翼ポピュリズム政党が政権を担当、または分担している。またフランス「国民連合」のマリーヌ・ルペン党首も、ドイツの「ドイツのための選択肢」(AfD)のモイテン、ガウラント両党首も右翼ポピュリストだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング