産経ニュース

【主張】米国の対北交渉 「最大限の圧力」に復帰を

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
米国の対北交渉 「最大限の圧力」に復帰を

 金正恩朝鮮労働党委員長が米朝首脳会談で約束した「非核化」は、やはりまやかしだったということか。

 訪朝した米国のポンペオ国務長官が高官級協議で、核計画・戦力の申告や「完全かつ検証可能で不可逆的な廃棄(CVID)」を求めた。だが北朝鮮は「強盗的な要求」と反発したのである。

 核・ミサイル戦力を放棄する気がないことがはっきりした。北朝鮮が高官級協議で提示したのは、朝鮮戦争の終戦宣言や大陸間弾道ミサイル(ICBM)エンジン実験場の廃棄などで、核廃棄には直接つながらないものばかりだ。協議を長引かせて核保有国であり続けようとしているだけである。

 事態は極めて深刻だと受け止めるべきだ。CVIDを受け入れなければ、実効性ある話し合いにはならない。一体何のための米朝首脳会談だったのか。

 ポンペオ氏は、8日の日米韓外相会談で、北朝鮮と「誠実で生産的な協議ができた」と説明した。日韓両国は米国を後押しすることになったが、楽観的すぎる。

 トランプ米大統領が米朝首脳会談を大成功と位置づけているから、ポンペオ氏は北朝鮮との協議がはかばかしくないのに取り繕ってはいないか。

 高官級協議で拉致問題を提起した点は歓迎できるが、ポンペオ氏は核・ミサイルで「生産的な協議」をしたと裏付ける具体的進展は何ら示さなかったのである。

 北朝鮮は外務省報道官談話でトランプ氏への「信頼は維持している」と強調した。トランプ氏だけを持ち上げて油断させることで、米国からの圧力をかわそうという魂胆があらわである。

 偽りの非核化をちらつかせ、制裁解除や体制保証を米国から取り付けたいのだろう。だが、核・ミサイルを持ち続ける北朝鮮は脅威であり、決して認められない。

 トランプ氏から一度は首脳会談中止を突きつけられて慌てふためいた北朝鮮が、不誠実な交渉者に戻ったのはなぜか。中国という後ろ盾ができたこともさることながら、トランプ氏が米韓軍事演習の中止という一方的な譲歩で、軍事的圧力を弱めてしまったことが大きい。

 ならば、北朝鮮にとるべき態度は決まっている。経済、軍事両面で名実共に「最大限の圧力」をかける路線に復帰することだ。

「ニュース」のランキング