産経ニュース

【正論】保管された9条「怪文書」の謎 駒沢大学名誉教授・西修

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
保管された9条「怪文書」の謎 駒沢大学名誉教授・西修

駒沢大学名誉教授・西修氏 駒沢大学名誉教授・西修氏

 「森友」「加計」「日報」など、公文書の管理をめぐって大きな問題になっている。いやしくも公文書が改竄(かいざん)、隠蔽(いんぺい)されるべきでないことは当然だ。

 ところで、「改竄された非公文書」が国立の公文書館に保管されていたら、どのように取り扱われるべきであろうか。しかもそれが、日本国憲法の成立過程に微妙かつ重大な影響を与える文書であるとすれば…。

 ≪GHQが文言の追加を指示

 事態を簡単に説明しよう。この怪文書(以下でX文書という)は、憲法9条の発案者にかかわるものである。周知のように、9条の発案者をめぐっては諸説あるが、究極のところ、連合国軍最高司令官・マッカーサー元帥発案説か、ときの首相・幣原喜重郎発案説かに分かれる。

 一般にはマッカーサー発案説が有力であり、マッカーサーもその幕僚たちも、占領政策としての日本非武装化の延長線上に戦争放棄条項を日本国憲法へ導入したことについて、その先見性を喧伝(けんでん)していた。しかし、1950年6月25日に朝鮮戦争が勃発すると一転し、その非戦略性と空想性が批判されるようになる。

 マッカーサーは朝鮮半島有事に対処するため、同年8月10日、自衛隊の起源にあたる警察予備隊を設置すべく政令を発し、7万5千人の制服隊員の募集を「許可」した。

 戦争が激化した同年11月、ニッポン・タイムズ社の村田聖明記者が、その前年に連合国軍総司令部(GHQ)民政局により刊行された『日本の政治的再編成』(Political Reorientation of Japan)を読み、読者に紹介したいと考えた。おおやけにされているので問題はないと思ったが、念のためGHQへ原稿案を持参したところ、担当の少佐から2、3日後にX文書が渡され、一つだけ条件がつけられた。

続きを読む

「ニュース」のランキング