産経ニュース

【正論】米国の心理映し出すトランプ流 元駐米大使・加藤良三

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
米国の心理映し出すトランプ流 元駐米大使・加藤良三

元駐米大使・加藤良三氏 元駐米大使・加藤良三氏

 「一人横綱」には責任感の重圧に晒(さら)される面と専横になる面の双方があると聞く。冷戦終了後の「一人横綱」、世界唯一の超大国アメリカの場合はどうだろう。世界はアメリカ一極のピラミッド型と東西2横綱がそろった2軸型いずれの構造の下でより安定するのだろうか。また、これからはどうなるのだろうか。

 ≪世界の「仕切り役」は変わらない

 9・11同時テロからアフガニスタン、イラク戦争と続いたとき、ブッシュ43代大統領の「ユニラテラリズム」(単独行動主義)への批判が盛んだった。「ユニラテラリズム」は危険、「マルチラテラリズム」(多国間主義)によるべしとの論調だった。

 その頃、ある先輩から「ユニラテラリズム、マルチラテラリズムには前者が悪、後者が善ということはない。双方とも積極的、消極的という2つの類型があり、その取り合わせによって判断すべきだ」との指摘を受けた。すなわち(1)積極的多国間主義(2)積極的単独行動主義(3)消極的多国間主義(4)消極的単独行動主義-であるが、教科書的には(1)がいいのだろう。

 (3)は例えば緊急のとき、国連安全保障理事会が機能しないというケースでしばしば当事者は泣き寝入りを強いられる。かつてアフリカのリーダーから、「自国で紛争の煙が上がっている。ニューヨーク(国連)にSOSを送る。返事なし。これを何回も繰り返す。この虚(むな)しさをあなたは理解できるか」と切々と訴えられたことがある。当時、安保理案件の70%がアフリカ絡みだった。今も似たようなことではなかろうか。

 (4)は例えばアメリカが孤立主義に引きこもるケースだ。日本からすれば、実際上アメリカが(2)を選択するのが(3)、(4)を選ぶよりずっといいオプションだということが正直ベースではあるだろう。

 国際社会の現実として、危急の際に(1)に基づく決定がタイムリーに得られる保証がないことは、国連創立以来の安保理の歴史に照らしても明らかだろう。アメリカがいざというとき、単独行動主義で仕切ってくれる方が心強いというのが多くの国の本音ではないか。

続きを読む

「ニュース」のランキング