産経ニュース

【正論】リアリズムで対北交渉を進めよ 新潟県立大学教授・袴田茂樹

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
リアリズムで対北交渉を進めよ 新潟県立大学教授・袴田茂樹

 既視感を抱く「のめり込み」

 約15年前になるが、2003年8月に北朝鮮問題に関する6者協議が始まる直前に、私は本欄に次のように書いた。「最大の関心事は、平和的交渉で北朝鮮の核計画を完全に放棄させることができるか否かだが、われわれはこの協議によって核問題や拉致問題が近いうちに解決すると期待すべきではない。…協議の場では北朝鮮を説得して核放棄に合意させるよりも、実質的な成果がほとんど得られないか、逆に北朝鮮に乗ぜられる可能性が高い」

 またこの6者協議が始まった後には、独立系のロシア紙がこの協議を「金正日のための大国のコンサート」と皮肉った。最貧国の独裁者を国際政治の主役に祭り上げたからだ。さらに「米による北朝鮮への武力行使を抑制しようとしている露中日韓は、もともとは金正日の政策を支持していないのに、結果として北朝鮮を擁護しその瀬戸際外交を促進するという悲喜劇的な役割を演じている」と揶揄(やゆ)したことも別の場で伝えた。

 トランプ米大統領の最近の北朝鮮への対応を見ると、これまで何回も見せられたというデジャビュ(既視感)を抱かざるを得ない。トランプ氏の北朝鮮への「のめり込み」には強い懸念を抱く。その懸念については多くの論者が指摘しているので、ここではトランプ氏が金正恩朝鮮労働党委員長との会談に自信過剰になった心理的背景と、北朝鮮の「完全で検証可能かつ不可逆的な非核化」(CVID)が実際には実現困難だと私が考える理由を説明したい。

続きを読む

「ニュース」のランキング